自転車保険の努力義務

自転車保険加入は努力義務

自転車保険は努力義務で罰則なし

2015年に兵庫県で全国初の自転車保険の加入を義務化しました。それに続いて翌年には滋賀県と大阪府でも義務化に踏み切り、今後は全国的に広がりを見せていくと考えられています。ただし未加入者を特定することが難しいこともあり、罰則は設けられていません。そのため表面的には努力義務という見方になっていますが、未加入者は立派な条例違反になるので注意しましょう。自転車保険料は決して高くはありません。また、正確には個人賠償責任補償という種類になり、日常の中のあらゆる損害賠償事故に備えることができる補償範囲の広い商品なので、一家に一契約はしておくのがおすすめです。

自転車でも事故を起こす

自転車でも、事故を起こすことがあります。歩行者にぶつかってしまったり、物などにぶつかってしまうこともあります。そのような状況に陥ってしまうと、自分が加害者になった場合には、かなりの額を請求されてしまうこともあります。自分は大丈夫と過信せずに、あらかじめ保険に入っておくといいでしょう。なんらかのトラブルに巻き込まれた場合でも対処してくれるため、安心です。自分が事故を起こしてしまった場合には、自分だけでなく相手に対してもケガをおわしてしまうこともあり、その状況はさまざまですが、どのような状況になっても対応できるように、念のため、保険には入っておくといいでしょう。

↑PAGE TOP